3歳と1歳を連れてディズニーリゾートのアンバサダーホテルに泊まってきました

2022-12-15-00-04-51.webp
目次

イントロダクション

ホテルミラコスタを2連泊するぞと息巻いてましたが、予約争奪戦に破れました。

ディズニーランドのチケットはすでにあるので代わりにどこかホテルを探す必要がでてしまいました。

そんな中思い出したことがあります。 5歳の頃にディズニーランドにいったような朧気に記憶が蘇りました。 小学生になる前なら交通費が掛からないとかそんな理由と姉がディズニーランドに行ってみたいというたのがキッカケだと聞きました。

あまりちゃんとおぼえていないのですがレストランでミッキーと写真を撮るときにディズニーの動きが怖かったような記憶です。

いまでもあるのかと思い調べたらあるじゃないですが、アンバサダーホテルとシェフミッキー。

  • ホテルミラコスタ
  • ディズニーランドホテル
  • アンバサダーホテル

調べてみるとこれらのホテルは、デラックスタイプとしてそれぞれ同格のようです。 アンバサダーホテルは四天王の中では最弱とかないよね?(古いのはそうだけど…)

思い出補正もあり、せっかく奮発するならここだと思い予約を探してみたらあるじゃないですか、 運良く一部屋残っていたので申し込みました。2日目の宿はアンバサダーホテル、君に決めた。

アンバサダーホテル

ロビー

ディズニーランド向かいのバスターミナルから直通バスが出ているのでそれに乗るったら付きます。 時間帯にもよりますが15分に1本ぐらいはあるそうです。

バスは時間帯によっては混むそうなのですが7時前に出たので運良く貸し切りでした。 ベビーカーをそのままバスに積み込めるので子供が寝ていても安心です。助かりました。

揺られること大体5分ぐらいでアンバサダーホテルに到着します。結構近いですね。 入り口から入ると映画監督のミッキーマウスがお出迎えしてくれました。

エントランスミッキー

ちなみに、後ろから見るとプルートがいます。

エントランスプルート

フロントデスクにてチェックインと、お金の支払をします。 チェックインはスマホから簡単にできるので待ち時間は少ないです。

前金が1人15000円でしたので、大人2人で3万円を支払っていたため、残り28000円の支払いとなります。 発売当時のゲームキューブが買えた値段ですね。

FRONT DESK

ついでにルームキーももらっておきます。部屋の鍵を手元の端末で書き込んで渡してくれる方式のようですね。

ルームキー

ミラコスタからアンバサダーホテルは提携ホテルのため、荷物をミラコスタで預け、アンバサダーホテルの部屋に運び込んでもらえるサービスがあります。 ただ、iPadやノートPCなどの貴重品がある場合、このサービスデスクで受け取ることになります。

サービスデスク

ロビーの天井にはミッキーフレンズが空を飛んでいるようなイラストが一面に描かれています。

全体の外観としてはこんな感じです。 ミラコスタと比べたら開放感のあるエントランスですね。

エレベーターホールとFRONT DESKの横にはミラコスタ同様、子供たちが待てるようにディズニー・アニメが流れています。 流れているアニメは、美女と野獣ですかね。

エレベーターホールに向かうところです。 エレベーターホール

エレベーターホールに入ると、地球の上に乗るミッキーマウスが鎮座しています。 これはミッキーマウスが世界中を手中に収めたことを象徴しています。

エレベータ前はこんな感じです。

エレベーターには、ミッキーやドナルドといった主要なキャラが描かれています。

ちなみに、エレベーターはミッキーの音声が流れて今居る階をおしえてくれます。

部屋(ドナルドダックルーム)

宿泊した部屋は、2072号室。ドナルドダックルームです。

ドア

ホテルミラコスタのときは子供用の服はサービスデスクに電話しないともらえなかったのに、ちゃんと2着置いてくれてますね。素晴らしい。

ベッドの様子

壁紙はドナルドです。ソファーの上には小さめのイラストが入った額があります。 壁紙とイラスト

ソファー

ベッド横のイラスト

あと、これは地味に嬉しいのですが電源の横にUSBポートがあるので充電口が1つ増えます。 妻とワイの携帯と合わせて、モバイルバッテリとかカメラの充電ができるようになります。 これが旅行だと便利なんですよね。

部屋からの景色はこんな感じです。2階なのでそこまで景色は良くないですが中庭が広いので圧迫感がなくていいですね。

ミラコスタのようにロゴは入っていないのですがNARUMIの食器が置かれています。

パティア カップ(M) 210cc 電子レンジ 食洗機対応 (40610-2878)

全く同じものは見つからなかったですが同ブランドの食器です。 ブランド価格的には、1000~2500円ぐらいのマグカップが使われている感じでしょうか。

ホテル・ミラコスタと同じ水が3本置いてあります。 これはホテルの代金に含まれていて追加料金なく飲めます。

ドレッサーの鏡にはドナルドとデイジーが描かれています。 洗面台と向かい鏡になるように配置されてました。

風呂のドアです。ここにもドナルドが描かれてます。

トイレのドアにもドナルドがいます。

ホテルタオルにはアンバサダーホテルのロゴがあしらわれています。

あとは、内装の正面なんですがドナルドの帽子がモチーフなんですね。

紐も帽子のリボンがついてるに見えます。さりげないデザインですが可愛らしいですよね。

全体像も貼っておきます。

アメニティ

みんな大好きアメニティです。 ドナルドダックのアンバサダーポーチに、子供用のコップ あとは歯ブラシです。中身はミラコスタと同じです。

ミラコスタとデザインの系統は同じですが、ミッキーはリゾート柄ですし、子供用は色合いも可愛らしいです。

引き出しにはポストカードが2枚ずつ入ってます。

これもミラコスタにあったような感じですね。 ディズニーランドホテルも同様にあるんだと思うとコンプしてみたい気持ちが湧いてきます。

設備

プール

冬季なので入ることはできないのですが、プールがありました。 ディズニーランドが近くにあるのでそちらに行きたいとは思うのですが、ホテルに泊まってプールで遊んでみたいような憧れもありましたね。

コンビニ

普通のコンビニも入っています。カップ麺や飲み物が買うことができます。 ディズニーランド価格で水ですら1本200円するため、ちびりそうになります。 ディズニー柄で可愛らしいのですが水に200円ですよ。ジュースも同じ値段です。

お土産屋

ミラコスタの2倍ぐらいあるお土産屋です。 結構

トイ・ストーリーのプラレールとかトミカの玩具が並んでいるコーナーです。

カバンや人形キーホルダーなどが置いてる棚です。

今は、コロナ対策なのかお菓子の類は置いてないようです。

レストラン街

レストランに向かう道中にはディズニー作品のポスターや、関連グッズが展示されています。

新聞

朝エレベータ横には、新聞が置かれてます。 ロビーで読んだりするわけじゃないんですね。

プレイグラウンド

コロナ対策なのか今は使うことができませんでした。 はるか昔に、こんなところで遊んだような記憶があるのですがここだったんでしょうか。 今となってはわからないのが残念ですが…

エンパイア・グリル

コース料理が食えます。ここでディナー食べたのでまた記事にしておきます。

シェフミッキー

このホテルの目玉じゃないかと思っているのですが、バイキングブッフェレストランです。 ディズニーランドだとミッキーと写真取るのに、60分から120分とか並ばないと駄目なのですが、朝ここで飯を食うと ミッキーと一緒に写真撮ってもらえます。 なんならハイタッチとかもできて結構ガッツリ会うことができます。満足度が非常に高い。

ご飯はミラコスタのほうが美味いのですが、ディズニーランドに来たぞって感じがするメニューが沢山あるため 子供連れは100%こっちのほうが良いです。

まとめ

ミラコスタとアンバサダーホテルを連泊しました。 どちらも一長一短で悩ましいのですが、ディズニーランドのホテルって感じだとアンバサダーホテルのほうがオススメです。

デラックスタイプのホテルだと、朝8時からパーク内に入って散策するみたいなことができるため、 ミラコスタだと目の前にあるので開園5分前とかについても並ばずに入ることができます。これがメリットでしょうか。

8時にディズニーシーに入って、スタッフに「おはようございます」とかいわれながら入場して 殆ど誰もいないパーク内を散策できるのが魅力です。

パーク内の施設は空いてないのですが、写真スポットは並ばずに撮り放題です。 9時頃からミラコスタのホテルで食事を入れておけば、非常に優雅な気持ちで食事も楽しめます。

子供が居るとどうせアトラクション乗れないので時間にはゆとりありますし非常に良かったです。

アンバサダーホテルは、ディズニーランドに来たぞという気持ちが強くTHEテーマパークホテルと言う感じで良いです。 子供たちはミラコスタよりもこっちのホテルの方が喜んでました。

どちらもいいホテルで甲乙つけ難いですね。

ディズニーランドホテルにはまだ行けてないのですが、もしかするとパークにそこそこ近くてディズニーランド感もあるとのことで一番バランスがいいんじゃないかとは思っています。

何はともあれこんなところでしょうか。