SSHで接続しようとしたら「WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!」がでたんだけど

2021-09-27

はじめに

Raspberry piのOSを再インストール対応をした結果、もともとSSHで接続して遊んでましたが弾かれるようになりました。 いつもこの対応を忘れるので残します。

表示される警告文

IPアドレス、192.168.0.3に接続するとします。

ssh pi@192.168.0.3

ご丁寧にも、fingerprintが一致しないよ!!!って警告が出てくれます。 そらOSを書き換えたんだから変わるわいなと思いつつ接続できるようにしましょう。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@    WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!     @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
IT IS POSSIBLE THAT SOMEONE IS DOING SOMETHING NASTY!
Someone could be eavesdropping on you right now (man-in-the-middle attack)!
It is also possible that a host key has just been changed.
The fingerprint for the ECDSA key sent by the remote host is
SHA256:k/8EhgFKJLbudpnEDVGCTv4G4mYejrp7mIVGmsTotYg.
Please contact your system administrator.
Add correct host key in C:\\Users\\kenpos/.ssh/known_hosts to get rid of this message.
Offending ECDSA key in C:\\Users\\kenpos/.ssh/known_hosts:10
ECDSA host key for 192.168.0.3 has changed and you have requested strict checking.
Host key verification failed.

対応方法

お手軽対応ですが、登録されてる鍵の再登録を行いましょう。

ssh-keygen -R 192.168.0.3

成功するとこのような表示がされます。

# Host 192.168.0.3 found: line 10
C:\Users\kenpos/.ssh/known_hosts updated.
Original contents retained as C:\Users\kenpos/.ssh/known_hosts.old

後は再度接続を行います。

ssh pi@192.168.0.3
The authenticity of host '192.168.0.3 (192.168.0.3)' can't be established.
ECDSA key fingerprint is SHA256:k/8EhgFKJLbudpnEDVGCTv4G4mYejrp7mIVGmsTotYg.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no/[fingerprint])? y
Please type 'yes', 'no' or the fingerprint: 
yes

を入力したら終わりです。

終わりに

この対応今までも何度もやっているのに覚えられない。忘れてしまうんですよ。 残しておきましょう。どこにでもあるような情報ですが残しておきましょう。