【Flutter】ビルドは通るがエミュレータにアプリを流して実行できないときに試したこと

2021-08-04

はじめに

久しぶりにFlutterでアプリを作って遊ぼうと思ったのですがAndroidエミュレータにビルドしたアプリがインストールできなくなっていました。

CPUファンの唸る音は聞こえるため、何かしら動いては居るようなのですが、うんともすんとも言わない。

そのときに試したことの備忘録を残しておきます。

Launching lib\main.dart on sdk gphone x86 arm in debug mode...
lib\main.dart:1
√  Built build\app\outputs\flutter-apk\app-debug.apk.

この状態から進まない。ときに試したことを書きます。

期待する出力は大体こんな感じです。

Launching lib\main.dart on sdk gphone x86 arm in debug mode...
lib\main.dart:1
√  Built build\app\outputs\flutter-apk\app-debug.apk.
Connecting to VM Service at ws://127.0.0.1:53492/67hWMNcoj3w=/ws
I/r_application_( 6978): WaitForGcToComplete blocked RunEmptyCheckpoint on ProfileSaver for 8.334ms

では早速残しましょう。

Android Virtual Device

大体この手のビルドが通っているけど、上手く動かない系の挙動をするとき考えられるのが、 エミュレータのキャッシュが溜まって重たくなっているから動かないパターンです。

Android Studioを立ち上げ、AVD Managerを立ち上げます。

動かないエミュレータのwipe Dataを実行し、ゴミを削除してみます。 これで動くようになることもありますが、違ったようです。

【原因】エミュレータの容量が不足していたようです。

Pixel 4のデフォルトだとInternal Storageが800MBしか無いです。 いくつかアプリ作ってインストールして遊んでいるとすぐにいっぱいになってしまう容量です。

AVDのAdvance Settingから、Internal Storageの容量を増やします。

動きましたね。

まとめ

Errorにはならないのですが、なぜか動かないってのがハマるポイントでしたね。 5分ぐらい待っていたのですが応答がなかったので何だろうと思っていました。 重たくて動いてないように見えるのかと、割当CPUやメモリでも増やすかって感じで設定を眺めていたら800MBとなっていました。 Androidアプリって過去作った感覚から、確か一つ8MB~30MBぐらいまで膨れ上がることもあったなと思い、試しに容量を増やしてみたらインストールできるようになりました。

真因を潰せたのか、確認持てていない情報ですが動くようになりましたという話です。 質が低いですが今日はこのぐらいです。