激ウマを求め、ほうれん草のスパイスカレーを作った話

2021-04-27

家庭の味について

みなさんカレーって好きですか? 小さい頃から食べてきた家庭の味ってのがありますよね。 我が家は128円ぐらいで売ってる「こくまろカレー」でした。

カレーに対する憧れについて

インドでは各家庭に秘伝スパイス比があると聞いたことがあります。 正直言ってカッコよくないですか?スパイスある家庭ってカッコよくないですか??

皆さん、小さい頃覚えていますか? 友達の家に遊びに行ってお昼ごはんをごちそうになるとき、出てきたメニューって焼きそばかカレーだったんじゃないですか?

息子が連れてくる友達にカレーを振る舞うことが絶対あるはずなんですね。父としてそこでバン!とスパイスから作った本格カレーを食べさせてあげたい…そんな野望があるわけです。

一朝一夕で美味いカレーは作れない。どこでも食べることのできない美味いカレーを追求していきたいと考えています。

スパイスについて

業務スーパーに行けば大体のスパイスが揃うはずです。 カレーで使うスパイスは、茶色、赤、黄色の色のスパイスが基本となるそうです。 これらを混ぜておけば大体美味いことが知られています。

基本はコリアンダーとクミン 好みでカエンパウダーを使って辛味を調整します。 あまりレシピサイトなどでは見かけないのですが、八角や花山椒を入れるとピリリとして美味いです。

レシピ (6皿分ぐらい)

スパイス系

  • クミン : 小さじ4
  • チリパウダー: 小さじ3
  • コリアンダー :小さじ8
  • ターメリック :小さじ1
  • パプリカパウダー : 小さじ3
  • ナツメグ : 小さじ2
  • ガラムマサラ :小さじ2
  • スターアニス(八角) :3個
  • 塩 : 少量

野菜/肉 /その他

  • トマト缶: 400g
  • ココナッツミルク: 200ml
  • ピーマン : 3個
  • 玉ねぎ : 2個
  • ほうれん草:2束
  • にんにく:3欠片
  • 生姜:小さじ1 (チューブ)
  • 鶏肉:300g
  • ホタテ貝柱: 10粒程度
  • 水: 200ml
  • ウスターソース:少量

ココナッツミルクがない場合は、カルピスとコンデンサミルクを大さじ1ずつ入れると美味かったです。

工程

食材の準備

  1. ほうれん草を三等分ぐらいにして、茹でます。茹で終えたらペースト状にミキサーにかけます。
  2. 野菜(ピーマン、玉ねぎ)、にんにく、をみじん切りにします。
  3. 鶏肉を一口サイズで切ります。
  4. スターアニスを粉々に粉砕します。(すり鉢でゴリゴリやります。)

調理

  1. 油をフライパンに引いて、ニンニク、生姜を炒めます。
  2. 肉と野菜を投入して火を通します。玉ねぎが飴色になるまでは炒めなくてよいです。(炒めたほうが美味いですが…)
  3. スパイスを投入して食材全体に馴染ませます。
  4. トマト缶、ココナッツミルクを投入します。
  5. 水を追加して10分程度煮込みます。
  6. ウスターソースを少量と塩で味を整えます。

出来上がり

こんなのが出来上がりました。盛り付けが終わってますが・・・ 盛り付けてからコーヒーフレッシュをカレーにかけると見た目がそれっぽくなります。

まとめ

去年からスパイスを買い集めカレーを作り始めたのですが、結構楽しいです。 店で食べる味にはまだ遠いですが、少しずつ美味いレシピ(私の好みのレシピ)が分かってきたように思います。 さらなる高みを求め、何が足りないのか、何を足したら美味くなるのか…試すのが楽しみです。

私が大阪に住んでいた頃に行って記憶に残っている美味いカレー屋さんです。 また帰ったときには行きたいと思っています。

大衆中遊華食堂 八戒 ヴァスコ・ダ・ガマ 本店