たっぷりクリームのダブルシュークリームが美味い。たが本当に美味いのは…【シャトレーゼ食べ比べ】

2022-02-14

近況報告

スイーツとか外食したって話をメインで書くブログと、僕の趣味でもあるプログラミングして遊んでるというブログで分けたいなと考えています。

そんな与太話はどうでも良くてですね、今日の本題はシャトレーゼまじで美味いってことです。

はじめに

家の近所に、シャトレーゼがあるのですが安くて美味いと私の中で評判です。 シャトレーゼと聞くと、年齢層の高い人達からはまぁシャトレーゼだしなぁって顔をされがちの不遇なケーキ屋です。

存在を知ってからというもの毎月のようにシャトレーゼにお金を落としています。

シャトレーゼについて

Chateraise

山梨県甲府市に本社を置く食品メーカー。 キャッチコピーは「自然のおいしさと。人の想うおいしさと。」

株式会社となっていますが、シャトレーゼは非上場企業です。

シャトレーゼの特徴は、工場生産スイーツで各地の自社工場からフランチャイズ店舗へ配送しています。 山梨県内の工場から自社トラックで配送する方式を取っているため安定した品質のスイーツが安く楽しめるんですねぇ。

生チョコレート ミルク (税込み572円)

公式の説明です。

一口食べると、口の中に広がる、やさしく包みこむようなミルクのコクと気品あふれるカカオの香りが特徴の生チョコレートです。

バレンタインシーズンに投入された、生チョコレートで、572円とは思えないほどの完成度。 非常に美味しいです。口の中で溶けてミルクとカカオの香りがします。 舌で転がしたら、次第に溶けて口の中いっぱいにチョコレートの味と、ミルク感が広がります。

ジャンルは違いますが、花畑牧場の生キャラメルと似た食感です。

パッケージです。

裏面です。

中身です。

冷蔵庫から出して1時間ぐらい放置したときの溶け具合が個人的には好みです。

バレンタイン商戦に向けて投入された商品と思われるので期間限定なんですかね。

ダブルシュークリーム (110円)

大本命は、やはりシュークリームです。 100円というぶっちぎりの低価格でありながらクリームがたっぷりというお得感溢れるのがこいつです。

テレビでも紹介されたとかで大量に並んでました。

わかりますかこのクリームの量!!! 生クリームと、カスタードクリームがいい感じに混ざってほんと美味いんですよ。 このシュークリームはコンビニスイーツとかの追従も許さない出来栄えです。

ちなみにシュークリームのシュー部分は柔らかい系の生地で、強めの味付けは無いです。 ビアード・パパのクッキーシューとかシュー生地にも味がついてるものが好きな人には物足りなさがあるかもしれません。

ただ、このシュークリームは値段の暴力に任せてたくさん食べても財布が傷みにくい。 デブの敵ですよ。許せない。カロリーの暴力ってやつですよ。 健康診断引っかかってるのに困っちゃうなぁ。

ショコラオランジュ

バレンタイン限定品のショコラオランジュです。 ショコラとオレンジの限定シューです。

見た目はかなりいいですね。

ただ、個体差もあるでしょうが、クリームの量がさっきのダブルシューに比べると少ない気がします。

シュー生地に味がついているので、程よい量とも言えなくも無いですがクリームが食べたいお年頃ではあるため物足りなさが否めません。

クリーム自体は、甘すぎない2種のチョコとオレンジの酸味でちょっぴり大人ですね。

来年はクリーム盛々にしておいてください。お願いします。

かわいいとらちゃんケーキ(税込み388円)

個人的には、シャトレーゼで一番美味いケーキ何じゃないかと考えています。 見た目も可愛く子供も大喜びの虎のケーキです。

中をえぐると、チョコレート層が出てきます。その下にはチョコシリアル系の丸い粒が出てきます。 これが食感を変えて飽きずに食べることができるのです。

ココアビスケットは甘さも控え目で濃厚なチョコレートと食べても美味いです。 ちなみにこの黄色い部分は、バナナクリームで珍しいクリームだなと思います。 バナナとチョコは美味いってのは古事記にも書かれており、納得ではあります。

北海道産マスカルポーネのチーズモンブラン(税込み 356円)

チーズ系のクリームでデコられたモンブランです。 シャトレーゼの魅力は、この幅広い品揃えです。

クリームチーズだけかと思われますが、レモンピールと苺ソースが入っており 飽きさせにくい作りになっています。

少しチーズ感は強いので、苦手なお子さんもいるかとは思いますが・・・

なんでもガトーキングダム・サッポロのパティシエが監修してるらしいです。

国産和栗のモンブラン(税込み 594円)

もはや普通のケーキ屋と同じぐらいの値段がするモンブランです。 シャトレーゼの中では高級ケーキの部類に入ります。

ホワイトチョコレートに、栗の甘露煮、栗のペースと栗クリームでデコられたモンブランです。 内側の方には少しお酒感もあるので、洋酒が使われているようです。

金箔も乗っており、非常に高級感があります。 何も言わずに出されたらシャトレーゼとは思わない完成度です。(非常に失礼な言い方)

シャトレーゼ通いを始めてから4回ぐらいリピートしてます。大好き。

プレミアムショコラオランジュ(税込み 594円)

チョコムースのケーキです。

シャトレーゼは、オレンジなど柑橘系の味変が大好きなんだと思いますが、このケーキもその手法が使われています。

上に乗ってるクリームは軽めのムースで、まぶされたココアは苦く程よいバランスになっています。 このクリームの下には、チョコムースが入っており混ぜも単体で食べても美味いという代物です。

底の方にはアルコールの風味を感じるので、洋酒が使われているのかと思います。

見た目もゴージャスで(値段もゴージャスなのでなんともですが・・・)食べた感、 満足感があるケーキです。

どれか1つ買っていいよとなったらこれか、モンブランで悩みますね。

削り取った様子ですが、味付けされたオレンジが入っています。リキュールで漬けられてるんですかね。 周りのクリームに香り付けされてるので食べすすめると味が変わるのがいいです。

まとめ

シャトレーゼは神。

安くて、なんか格の劣るケーキ屋感の印象が持たれがちですが そんな子供の頃感じた印象は捨ててください。

早くシャトレーゼに出向くのです。美味いケーキを爆買しても3000円も行かない安さに慄くのです。